旅と芸術←ちょっと堅苦しいけど⇒で、社会と経済

未分類

見聞を広めるには、やっぱり旅することはとても良いですよね。

で、突然ですが、ウォーレン・バフェットという大金持ちの投資家がいまして、この

コロナで航空株を売りに出しました。

「え?」「株の話?」「この人なんか怪しいんですけど~」

↑この株を買うと儲かるとかいう話ではありません(;^ω^)(笑)

このウォーレン・バフェットという人は長期の投資スタイルで株の購入をしている人で

(ニュースになるぐらです)つまり今後、航空利用の値段が下がると思われます。

社会が落ち着いたら、グローバルをめざす人にはかなりハードルが下がる朗報だと思います。

すでにグローバリズムという言葉は浸透しています。例えば、ストリートアーティストのスプレー

で絵を描く「バンクシー」この人の題材は

社会にコミットした作品がとても人気です。彼の正体はイギリスの音楽ユニット

のマッシブアタックのメンバーだともいわれています。

絵で何を表現するかを考えたときに、やはり

たかだか1枚の絵を完成させて「この絵は人類の財産になる」だから、絵はもうかかない・・・

とは、ならないですし、「今度はこんな風な作品をつくるぞ~」ってなるのが当たり前なように

僕らは社会の情勢や政治、経済に対しても意見を言える表現者でなければならないと思います。

(↑そういうアーティストもいるっていう感じで)

チョット堅苦しい話になりましたが、皆さんの意見やSNSの共有など

互いに刺激できたらと考えています。こうして僕らはすでにコミットしているのですから( ´∀` )。

そしてこちら、愛用しているソフトになります↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました