宮本武蔵も言っていた

未分類

二刀流で有名な無敗のケンゴウ宮本武蔵ですが

「五輪の書」というを書き残しています。この本はあらゆる分野に応用のできるもの

ともいわれています。この人は絵も描くし、歌も作るし、多才な事でも有名です。

地の巻、水の巻、火の巻、風の巻、空の巻の五つで構成されていて、この

地の巻において、「一をもって万を知ることができる」「自分の持てる道具はすべて使いきること」

と、書いています。

僕は「貪欲(どんよく)であれば得たいものは得られる」と解釈しています。

執着(しゅうちゃく)は、「描きたい絵」だけではなく、「何を使って描くのか?」

「何に描くのか?」「何を思って描くのか?」

道具を知る事は、けして遠回りではないと思いました。

アナログにはアナログの良さが・・・たまにはGペンで落書きでもしようかな?( ´∀` )

子突然ですが、こちら、愛用しているソフトになります↓これで絵を描いています。お勧めです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました