アメリカでの活動2

未分類

アメリカ人というのか西洋人的な絵に対する考え方を

僕の経験で紹介させてもらいます。個人の感想です(笑)。

絵を買ってもらったドイツ系アメリカ人から(の経験)↓

「この絵に描いてあるこの猫は何を意味しているの?」

とか、

「なぜこの場所に花が咲いているのかしら?」

とか、

とにかく「絵の説明」これが非常に必要になります。←これは

アート界、全般にいえます。=コンセプトが必要になります。

俗にいうコンセプチャル・アートってやつです。

絵を見て欲しいと思ったら、とことんその絵について、その作家について

「知りたい、知る必要がある、その権利がある」←こう思うのです。

なんとなく好きだから・あの人がいいって言ってたから・どこどこで紹介されてたから

etc…

日本人的な曖昧(あいまい)さ←これはほとんどありませんでした。

日本人の僕としては、そんなこと聞かれても・・・

日本人の僕としては、そこには特に意味はないんだけど・・・

こんなことを思ってもいました(笑)。良くも悪くも(笑)

あと、サインは必ず必要でした。

路上で売っていた時の話⇒絵をかってくれたアフリカ系アメリカ人

お金をもらい、絵を渡して、サヨウナラ・・・

10分後

絵を持ってきて(やっぱ、いらないって言うのか?そう思っていたら)

「この絵サインが入ってないよ、メ~ン」(What`s UP のノリ)

すまんすまん(ちょい焦り)ペンを取り出して丁寧にサインをかくと

チョー嬉しそうに帰っていきました。

買う側の気持ちをクムという事はバンコク共通だとも思いました。

それとプロであろうとプロでなかろうと、「私はアーティストです」こう言えば

その人は、アーティストなのです。(否定も肯定もなく)

ざっくりですが、これがアメリカってかんじです。参考になれたら幸いです。( ´∀` )

突然ですが、こちら、愛用しているソフトになります↓これで、絵を描いています。お勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました